TORIPLET’S

トリプレッツ

TRIPLET’Sは2008年2月、ドラムの工藤悠を中心にピアノの楠直孝、ベースのカイドーユタカの3人で結成された。
魚座AB型という共通点を持つ3人が、それぞれの個性を生かしつつ自由度の高い演奏をしている。
また全員が白シャツでそろえるというルックスや、幅広いジャンルからの選曲などで、従来のジャズリスナーにとどまらないファンを獲得している。
2009年はCD「LET’S TRIP」を自主制作したことをきっかけに、新宿PIT INNやMotionBlueYokohama、渋谷JZ Bratなどに出演。
さらにCD「おともだち」(IMP-3304)で日米デビューを果たす。
これからますます目が離せないバンドである。

トリプレッツからのメッセージ!

トリプレッツは個性あふれる3人のミュージシャンで構成されています。だからサウンドも個性的。
シンプルに美しいメロディを奏でる時もあれば、熱く激しいインタープレイをすることもあります。でも、どんな時も3人は自由に伸び伸びと演奏しています。それがトリプレッツなんです。
魚座AB型の3人が織りなす、キラキラと輝くハッピーなサウンドを楽しんでいただけたらと思います。
ぜひ一度、ライブ会場に足を運んで下さい。お待ちしています。

メンバープロフィール

工藤悠(くどうゆう):drums

工藤悠

1977年3月14日生まれ。札幌出身。

小樽商科大学でドラムを始め、在学中より地元(札幌・小樽)のライブハウスでの演奏を開始。学生時代には羽生一子に師事、2008年にはGregory Hutchinsonのプライベートレッスンを受けている。
現在はリーダーバンド「TRIPLET’S」(工藤悠drums、楠直孝piano、カイドーユタカbass)のほか、都内や横浜を中心に全国各地でジャンルにとらわれない演奏活動を行っている。2009年には自身のバンド「TRIPLET’S」で1stCD「LET’S TRIP」を自主制作、2ndCD「おともだち(otomodachi)」を日米で発売。その情熱的でありながらも、決して温かい音色を忘れない演奏には定評がある。

楠直孝:piano

楠直孝

1976年3月6日生まれ。茨城県結城市出身。

10歳からクラシックピアノを習い、東京理科大学入学を機にモダンジャズ研究会に所属しジャズの演奏を始める。
卒業後より演奏活動を開始し、植松孝夫、村上寛、横山達治、嘉本信一郎などと共演。現在はTRIPLET’Sなどで首都圏を中心に活動中。

=これまでの参加アルバム=
 牧野竜太郎(Vo)『RM(2008)』|足立直子(Vo)『Selfish Time (2008)』
 TRIPLET’S『LET’S TRIP (2009)』|いのくちゆきみ(Vo)『Rouge (2009)』
 TRIPLET’S『おともだち(2009)』|益田英生(Cl)『Sing, Sing, Sing(2010)』
 足立直子(Vo)『Smile(2011)』

カイドーユタカ:bass

カイドーユタカ

東京都出身。

1996年武蔵野美術大学在学中に演奏活動を開始、主に東京都のジャズクラブに出演。
松野茂氏(国立音楽大学名誉教授)に師事しコントラバスのクラシック奏法を学ぶ。2000年横浜ジャズプロムナードに「AAS」で出演し、最多4部門を獲得。2005年「epocus」インドネシアツアーでインドネシア国立芸大、フランス交流基金ホール等で演奏。2008年、ドイツに短期滞在しベルリンのライブハウスなどに出演ドイツのミュージシャンと親交を深める。ジャズ、ポップス系のライブ&レコーディングのサポートを始め、即興無伴奏ソロ、エフェクト・ループを駆使したソロ、ダンス、舞踏、映像作品とのコラボレーションなど、活動は多岐にわたる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。