Yoko Teramura

Pianist
Yoko Teramura
=寺村容子=

 
寺村容子|ピアニスト

武蔵野音楽大学ピアノ科卒業
大学までクラシック音楽を学び、在学中より、ジャズや、ブルースのサウンドに興味を持ち、独学でジャズを弾き始める。

2003年
「13通目の手紙」という作品の舞台化、映画化に際し、音楽の作曲・演奏を担当する。

2007年
松尾明トリオのメンバーとして、アルバム「Alone Together 」を寺島レコード第一段として録音する。
また、オリジナル曲などを中心に演奏活動しているバンド、「十五夜」の初アルバム「うさぎの大冒険」をリリース。

2008年
松尾明トリオのセカンドアルバム「Besame Mucho」を発売。
スイングジャーナル誌にピアニストインタビュー記事として掲載される。
その後、松尾明サードアルバム「Meet Me In Paris」、
MAYA(Vocal)のラテンアルバム「YOU BELOMG TO ME」などに参加。

2011年2月
十五夜のセカンドアルバム「All For Your Smile」をリリース。

横浜ジャズプロムナード、めいほう高原音楽祭、甲府ジャズストリート、また、Tiffany(Vocal) with 松尾明トリオにて、別府ジャズフェスティバル、「十五夜」で台湾の「台中ジャズフェスティバル」、静岡県袋井市「うさぎホール」などの舞台を経験する。

広告

§Yoko Teramura」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。